続・トムの箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS マスターファイル 「VF-1バルキリー」

<<   作成日時 : 2014/12/16 06:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 先日 購入した「マスターファイルシリーズ」の

 「VF-1バルキリー」

 内容が濃くて楽しませてもらっている。(笑)








画像





 ここから↓は、内容ネタバレがあるので「要注意!!」




















 当然、後付け設定(?)だと思うが

 「VF-1S(ロイ・フォッカー スペシャル)」は

 「初期型VF-1で、後にS型へと変更された」

 など非常に興味深い新設定が載っている。(笑)





画像




 子供の頃、

 「VF-1S」は、指揮官機だと思っていたが

 実は、そういう意味合いで生産された訳ではない。


 現在では「単に生産数が少ない」だけという設定のようだ、

 生産数が少ない為、上官に当てられたそうだ。

 「4本のツノ」と言われるレーザー砲だが、

 「エネルギー供給の問題」から

 「1A」のような1本ツノが多いという事。

 











 バルキリー特有の変形、

 中でも人気の有る形態

 「ガウォーク」






画像








 結構、有名になっている設定の中で

 「ガウォーク形態」は、偶然の産物で

 「当初からこの形態を狙っていたわけではない」
 (マクロスゼロより)

 という物がある。



 アニメ1話でも描かれているが

 「ファイター状態」で、墜落しそうになった時の

 回避方法としても有効な形態であり、意義のある物だ。






画像





 尚、アニメ1、2話に登場した

 オレンジ系の「VF-1D」

 このカラーリングは、イベント展示カラーであり

 正式設定(←言い方違うかも?)では無いようだ。

 ※アニメでは、マックスの結婚式で青い1Dが登場している





 1話で「一条輝が飛び込み参加?」した

 アクロバットで使用されたVF-1Aの

 「エンジェルバードカラー」実は、数種類あるらしい。




 ガウォークは子供の頃、友人達がかなりの確立で

 「プラモを作っていた」と言う良い思い出がある。(笑)



















画像








 ↑の写真左上の「VF-1J」は

 漫画「ザ・ファースト」仕様に仕上げてあるが

 この機体(VF-1J)、

 「ロイ・フォッカー」の予備機として配備されていた

 という設定になっている。


 フォッカーの個人的な知り合いという事で

 「一条輝」に当てられたらしい。
 ※カラーリングに関しては「航跡」で書かれている。






画像











 他にもVF-1のあらゆる設定が掲載されている

 生産時期における

 「前・後期」や「生産機数」

 機体「カラーバリエーション」

 部隊「マーキング」等々。



 個人的に「そうなの!?」と驚いたのは

 外見上で見分ける「頭部形状」の違いで

 「1A、1J、1S、1Dと判断出来ない!!」と、言う事だ。


 先にも書いたが、

 「頭部のレーザー砲」の関係で形状が違う事もあるようだ。

 1D(複座型)に、1Aの頭部が装備されている機体や

 1Aに1Jの頭部を装備した機体も存在する。
 ※航跡で驚く設定が!!





 因みに、有名な設定に

 「1JのJは、JAPANの頭文字のJ」

 と言うのはご存知だろう。

 この1Jは、他の機体より耐久性と信頼性が高く

 整備期間が長く取れるらしい、


 但し、整備手法が違う(1J以外)と言う面もあるようだ。

 他にも多彩な設定が掲載されていて楽しめますよ。(笑)


 楽しく読めるので、マクロス好きな人にお勧め!!



 「宇宙の翼」に続く。(笑)






 ウェブリより情報

 2014年 12月17日(水)

 AM 2:00〜8:00 メンテナンスが行われるそうです。

 その間、

 ・コメント等 受け付けられない等があると思います。

 ご迷惑をお掛けしますが、

 よろしくお願いします。



















ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー
ソフトバンククリエイティブ
GA Graphic編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!

面白そうな本ですね。ただ、やはり最近のガンダム本でも言えることですが「後付け設定多すぎ」のような気が・・・。

ちなみに、マクロスTVアニメ企画当初は、タツノコプロではバルキリーを「ファイターからガウォーク形態への変形」だけにするつもりだったらしいですけど、「おもちゃが売れない!!」とスポンサーからクレームが付いて「バトロイド形態もあり」になったそうでよ(タツノコとしては「リアルロボット感を強調したかったんでしょうね)。
Aesop
2014/12/16 13:01
 >Aesopさん
 ようこそ。(笑)

 とても楽しめる本です、
 後付け設定は、長く続く作品には付いて回ると言うことで。(笑)

 当初、バトロイドが無かったのですか!?
 いやぁ、スポンサーのクレームナイス!!
 もし当時バトロイドが無かったら、自分はここまでマクロスを好きにならなかったと思います。
 スポンサーもたまには良い事いうのですね。(笑)
トム
2014/12/16 18:46
お晩なりました、
ムックの中身、中々楽しそうですね〜
リアリティを追求する上での後付設定なのるのでしょうが、知らない事が多すぎます。

頭部と機体の記述、興味深く読ませて頂きました、VF-1って本当に奥が深い。

ガウォーク、3形態の中では一番好きです、
当時はガウォークばかり作っていました、本当にカッコ良いですよね。
こしょう
2014/12/16 22:51
 >こしょうさん
 おはようございます。(笑)

 読み応えバツグンです、後付け設定なので「今はそうなっているの??」と言う事が多い事・・・。(笑)

 「頭部で機体の違いは判別出来ない」面白いでしょ?今後、又設定が変わったり??(笑)

 ガウォークこしょうさんもお好きですか、当時は凄い人気がありましたよね、懐かしいなぁ。(笑)
トム
2014/12/17 06:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスターファイル 「VF-1バルキリー」 続・トムの箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる