続・トムの箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS プラモ狂四郎 @

<<   作成日時 : 2014/10/04 06:38   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 今回から、先日購入した

 「プラモ狂四郎」

 フィギュアで遊びたいと思います。(笑)

 GT-Rは、その後製作していないので・・・。



 先ず、プラモ狂四郎とは何か?

 同世代やガンプラファンなら知っているだろう、

 が、若い世代の人たちには何か分らないよね?


 で、何か? 一言で言うと

 「ファーストガンダム」ブーム真っ只中に

 月間「コミックボンボン」に連載されていた漫画だ。





画像






 内容は

 模型店「クラフトマン」のマスター(店長)が開発した

 「プラモシミュレーションマシーン」を使って

 「自身の製作したプラモに乗って操れる」という設定。







 第一話では、

 当時、新発売されたばかりの

 1/144「Gアーマー」を狂四郎が購入し、

 同級生と対決する事になる。




画像




 手元に旧キット1/144「Gアーマー」が無いので

 ガンダム単品とツーショット
 (改造してあります)






 ライバルとして登場する同級生二人

 丸山 腱は「シャア専用ザク」

 キー坊は「ファルメル」を使用し戦う。





画像








 結果は、当時大ウケした

 「ザクの足首が動かない・・・」により

 ガンダムの勝ち!!

 ※詳細は是非、コミックスを読んで下さい


 因みに「Gファイター」には、

 ヒロイン「みどり」ちゃんが搭乗している。
 (クラフトマンの娘)





 亡き「加藤 智」師匠の著書にも

 「この事(ザクの足首)に苦笑いさせられた」

 的な事が書かれている。









 その後も多くのライバル、友人と激闘を演じられていく。

 中には、その後親友となる

 山根(初登場は1/100 グフを使用)も居る。
 ※ヒートロッドをハンダで製作、可動化し驚かされた





 その後、

 ガンキャノンを使用して、

 山根のゲルググと再戦。





画像





 旧キット

 1/100「ガンキャノン」が無いのでMG代用・・・。














 当時、バリエーションとして発売された

 1/100「リアルタイプ・ガンダム」

 初期キットと同じく

 ・腹部むき出し
 ・股関節、足首の無可動

 これを自身の改造で補う狂四郎に憧れたなぁ。
 (漫画だけどね 笑)




画像





 2巻からは、その後大人気となる

 「MSV」の機体も多く登場している。











 漫画 2巻の中で、

 スケールモデラーから

 「マゼラアタックなど戦車では無い」的な事を言われ

 「ティーガT型」と対戦した事もある。






画像







 結果は、惨敗・・・。


 これをきっかけに「色々なジャンル」も登場。








 ティーガに敗北後、

 マスターに連れられ「プラモ合宿」へ参加する事となる。

 当時、純粋な心を持った子供?だった自分は

 「こんな合宿があるなら参加してみたい」と思った。(笑)






 そのプラモ合宿先で狂四郎は

 苦手(作った事がない?)な

 スケール物に挑戦!!

 (1話の部屋には飛行機がある)


 製作したのは「F-15Jイーグル」

 ライバル(他店)の山根の製作した

 「F-14 トムキャット」と対決して勝利する。


 だが、直後に自然現象の

 「落石」によりF-15は大破、修復不能となってしまう。

 尚、合宿には各店舗3人ずつ出場

 1勝2敗で、クラフトマンはピンチ・・・、






 その後に行われる対戦に
 (勝者によるバトルロワイヤル)


 「F-15」が使用出来なくなってしまい

 代わりに「コア・ブースター」を使用する事になるが

 その前に、
 





画像





 敵側から、

 「君が得意のガンプラなら敗北した山根を復活させろ」

 という理不尽な要求が・・・。


 と、言っても普通に考えたら

 1勝2敗の時点で、

 クラフトマンの負け・・・。(笑)








 もし、今「関連商品(完成品)」があったら、

 シークレットに「G3カラー」もあるかな??






画像








 この漫画は、

 「キットの欠点が勝負の分かれ目になる」

 など、非常に子供心をくすぶる傑作です。







 明日に続く。(笑)
























1/144 Gアーマー (機動戦士ガンダム)
バンダイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/144 Gアーマー (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1/100 リアルタイプ RX-77 ガンキャノン
バンダイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/100 リアルタイプ RX-77 ガンキャノン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1/144 コアブースター (機動戦士ガンダム)
バンダイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/144 コアブースター (機動戦士ガンダム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはー。
懐かしいネタですねー。1話の足首曲がらなくてこけて大破とか、旧ザクの股関節パーツで脚広げるとか、いろいろガンプラネタで我らの心をわしづかみなマンガでしたよねー。
あれで、関節は全部動かさなきゃ!って痛感されたんでしたよね、開発は。
コアブースターのブースターをXウイングに挟めてスピードを遅くして撃破、なんてのもありましたねー。
モコレオ
2014/10/04 10:15
おはようございます。

そうそう、今思えばプラモシミュレーションは模型店のマスターが作ったんですよね(笑)
子供心でプラモを動かす事が出来ないのは分かってたけど・・・(意外にそういう憧れはなかったなぁ)数々の改造法は憧れましたよ。
今だったらグフの糸ハンダ仕立てヒートロッドが作れるかなぁ(笑)
・・・次回も楽しみです!
SYON
2014/10/05 06:23
 >モコレオさん
 ようこそ。(笑)

 懐かしいですよね、あの頃ガンダム好きの少年達は皆ハマッていましたね。(笑)
 股関節パーツは手軽な手法で人気ありましたが、肝心のキットが入手出来ずに再現できなかったなぁ・・・。
 開発陣の方は、ザクだけちょっと違ったみたいです、関節のギミックアイデアは影響受けたみたいですね。
 Xウイングに関しては、無重力の宇宙で関係あるのかな??と、今も疑問です。(笑)
トム
2014/10/05 06:34
 >SYONさん
 おはようございます。(笑)

 シミュレーションマシーンは、マスターの手作りでしたよね、
 SYONさんは、当時憧れませんでしたか。
 改造の方は、ボンボンに掲載された作例が更に憧れを強くしてくれましたよね。(笑)
 糸ハンダのヒートロッド、機会があったら是非!!(笑)
トム
2014/10/05 06:38
 >Aesopさん
 いつもありがとうございます。(笑)
トム
2014/10/05 06:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラモ狂四郎 @ 続・トムの箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる