続・トムの箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS 掲載するのを忘れていた・・・

<<   作成日時 : 2013/10/04 19:28   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

 今更ながら、先月購入したコミックスを・・・。(笑)

 すっかり忘れていましたが、↓のブツを先月購入していた。

 ガンダムのコミックス






 「MSV-R F」








画像






 相変わらず絵が格好良く、内容も面白い漫画です、

 今回、戦闘に参加しない2機のMSが登場する。(笑)

 それは、「ジョニさん専用14B」と「ヘヴィーガンダム」
 ※14Bは、以前から回顧シーンに登場している




画像


画像












 14Bは、中身が別物となっているらしい、

 リニアシートを見る限り、サイコミュウ搭載??









画像





 「ガンダムZZ」でも中身が最新に替えた機体が登場した。(笑)












 ヘヴィーガンダムも中身は変更されているらしい、

 ZやZZに搭載されていたバイオセンサーが組みこまれている。
 ※バイオセンサーとは、簡易サイコミュウシステム


 F91にも搭載されているが、機体が意思を持つような

 シーンは無かったのに、ヘヴィーガンダムは一体・・・?

 「イングリット」が「カミーユ」以上のNTとは思えないし。

















 「Define E」






画像





 内容は、TVアニメや劇場版とは全く変わっていて

 個人的には、物凄く面白い。(笑)

 内容が以前と同じなら、新しくやる意味がないよね?




















 「虹にのれなかった男」






画像





 「逆襲のシャア」直後のブライト艦長に起こったストーリー、

 回顧録と共に、「こんなやりとりがあったのか」
 (逆シャアの後日談)

 と、納得させられる内容で面白かった。

 最後のシーンには、「うーん・・・」な気も??(笑)
 
 ブライトの心の葛藤?が描かれているんだけど・・・、

 個人的には、何かねぇ?

 アムロ、カミーユ、ジュドーが居たら

 「こう言うだろうな」と言う事の脳内妄想が描かれている。

 更に、

 予知的なシーンは頂けない・・・。


 ブライトは、ニュータイプではありません!!
 (素養はあるのかもしれないけど??)

 ここ↑だけは、個人的には最悪だった。
 (ネタバレ防止として書けないけど)


 ただ、誤解しないでほしい、面白い漫画でした。(笑) 

















 「がんだむさん I」







画像





 宇宙人が敵となって登場?する

 新たなストーリが!!

 相変わらず面白いね。(笑)








                  <追記>



 「とも」さんから頂いたコメントで、

 人によって、

 「作品から受ける印象(感想)」が異なる事を再認識させて頂きました。

 自分のブログには、若い(小中学生)が見に来てくれていますので、

 ちょっと、誤解のないように解説もどきも入れさせて下さい。
 ※反論などの嫌味では無いので、誤解しないでね。(笑)




 「アムロ・レイの意識(霊)などが、他人に見せる」
 (アムロ、シャアの生死は不明)

 このような表現ですが、

 (多分)ガンダムではあまり使用されないと思います。

 過去作品において、

 「Zガンダム」、「ガンダムZZ」の窮地やラストシーンで

 「色々な人(生死問わず)の姿」が現れ、主人公を助けていました。


 が、

 この時はパイロットが「ニュータイプ」であった事と、

 「ガンダム(バイオセンサー装備)」に乗っていた事が重要。


 小説版では少しだけ解説があるのですが、

 バイオセンサーは、他人の意思を吸い取る(←表現です)とある、

 つまり、バイオセンサーや、サイコミュウが無いと難しい。
 
 更に、ハマーンとカミーユは、互いの過去を見たシーンが有ります

 これは、サイコミュウシステムによる混線的な物ですね。
 (ユニコーンでも、大袈裟な表現がされれいる)

 過去は見えても、未来は見えない。
 
 ↑コレは最重要、未来が見えては駄目、

 これをやってしまうと三流のスーパーロボ漫画になってしまう。


 ガンダムの世界で、エースパイロットが

 「敵の攻撃を読み回避行動をとる」事が出来るのは、

 予知能力ではなく、予測ですよね。

 それは「シャリア・ブル」のセリフに答えがあります、

 つまり「勘が良い」という事です。

 スポーツ選手でも実在しますが、

 相手のちょっとした動きなどで次のアクションを読んでいる。




 「虹にのれなかった男」の主人公は

 NTでは無い「ブライト・ノア」

 仮にZガンダムやZZに乗っていたとしても

 「バイオセンサー」は発動しないでしょう。


 そうなると、他人の意思をここまで明確に見れない。
 ※カミーユや、ジュドーも思い込みだった可能性もある

 アニメの中で、ブライトがジュドーを感じたのも一瞬の事。

 故に、個人的な意見ですが、この漫画のラストシーンは

 「彼らがいたら、きっとこう言うだろう」という表現であり、

 ブライトの脳内妄想だと感じ取れました。
 
 決して他の方が感じた事に対する駄目出しなどではありません、

 作者の方に聞かないと描き手の真意は分からないし。(笑)

 ある意味、見た人の感覚が正解だと思います。

 長文になってしまい、申し訳ありませんでした。(笑)


 
























機動戦士Ζガンダム Define (6) (カドカワコミックス・エース)
角川書店
2013-08-23
北爪 宏幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士Ζガンダム Define (6) (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース)
角川書店
2013-09-24
葛木 ヒヨン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男 (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



機動戦士ガンダムさん (10)の巻 (カドカワコミックス・エース)
角川書店
2013-09-24
大和田 秀樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムさん (10)の巻 (カドカワコミックス・エース) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

漫画というものをほとんど読まなくなったせいもありますが、今や「ジョニー・ライデンの帰還」が一番楽しみな漫画ですよ(笑)
ブライトさんのは面白かったですか? 書店でちょっと気になってたんですが・・・。
SYON
2013/10/05 07:29
 >SYONさん
 おはようございます。(笑)

 「ジョニー・ライデンの帰還」は楽しみですよね、続きが気になって仕方無い。(笑)
 ブライトの漫画は個人的に楽しめました、一年戦争〜逆襲シャアまでの「回顧録」的な物と思って下さい。(笑)
トム
2013/10/05 08:00
 >Aesopさん
 いつもありがとうございます。(笑)
トム
2013/10/05 08:01
おはようございます。

「虹にのれなかった〜」のあのシーンですが、個人的にはあの三人(というかアムロ?)が見せたものだと思ってます。

なかなか面白い漫画でしたね。
なんでもかんでもアニメに〜!とは言いませんが、ジョニーと虹はちょっとアニメ化してほしいです(もっと言えば、ギレン暗殺も
とも
2013/10/06 08:49
 >ともさん
 ようこそ。(笑)

 ジョニー・ライデンの帰還はアニメで楽しみたいですよね。(笑)
 「虹に」のラストは、そう受け取られましたか・・・、只それは無理があるかな?と。
 長くなるので、追記で個人的な意見を書かせて頂きますね、「反論」とかではなくて個人的な意見ですから誤解しないで下さい。
 こういう話しが好きなんで。(笑)
トム
2013/10/06 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
掲載するのを忘れていた・・・ 続・トムの箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる