続・トムの箱庭

アクセスカウンタ

zoom RSS もしも、シャアが・・・ (妄想版)

<<   作成日時 : 2012/07/03 19:36   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

 とある事がきっかけで、

 変な妄想してしまった・・・。(笑)

 と、言う事で本日は、

 「下らない、自己(事故)妄想」です。

 つまらないけど、笑って許してね。(笑)












 ある時期、ある場所で、

 クワトロ大尉は、愛車を眺めてご機嫌に過ごしていた。




 クワトロ 「私の愛車は、この世で唯一似合う車だ」










画像













 キキィッ!!

 ガチャ

 そんなご機嫌なシャアの前に、

 緑色のミゼットUが停まり、カミーユが降りてきた。


 




 

画像







 カミーユ 「大尉、ランチを賭けて愛車で勝負しませんか?」

 カミーユは、開口一番シャアのF40に勝負を挑んだ。












 クワトロ 「カミーユ・・・、正気か!?」







画像











 クワトロは、

 トレードマークであるサングラスを外し、驚きの表情を見せる。

 

 カミーユ 「勿論本気です、まさか、大尉ビビってます?」

 クワトロ 「ふっ、まさかな・・・、よしその勝負受けよう」

 

 クワトロは、各々の愛車に大きな差がある事から、

 勝負方法及び、場所はカミーユに決めるように言う。


 カミーユは、既に決めていた勝負コースを指定。

 スタートは、カミーユが先にきり、5秒後にクワトロのスタートとする。






 勝負コースに到着すると、

 ファ・ユイリィがハロを抱えて待っていた。

 どうやらスターターを行う為に、カミーユが仕込んでいたようだ。








画像







 ファ    「頑張ってね、カミーユ」

 カミーユ 「あぁ、昼は大尉に奢ってもらおう」
 
 クワトロ 「甘いなカミーユ、

      私はどんな相手に対しても手を抜かない」

 

 気合いの入るクワトロに近づく女性が!!












画像






 ハマーン 「シャア、この勝負私の男として負けて貰っては困る」

 クワトロ  「何っ!?何故、私がお前の男なのだ!?」

 この瞬間、シャアはいつもの冷静さを失っていた。








 そのメンタル状態でレースはスタート!!

 最初の予定通り、カミーユが先行スタート、

 5秒後にクワトロがスタートした。


 クワトロは、愛車のクラッチを労りゆっくりとスタート。

 グォォォッ・・・

 乾いたエキゾーストが周囲に響く。

 その爆音とも言って良いだろう音響は、

 F40の姿が見えなくなると綺麗に吹き抜けた。



 F40の圧倒的な加速力は

 あっと言う間にミゼットUのケツに追いつく。










画像












 普通ならそのまま追い抜いてしまう所だが、

 カミーユの選んだコースは

 スタート直後から道幅が急に狭くなる作りだった。

 スタートに5秒差を設けた理由は、

 その時間差により、

 狭い道に侵入し、追い抜かせない為の計算があったのだ。

 クワトロ 「流石だなカミーユ・・・、

      だが このままでは終わらんよ!!」

 クワトロはカミーユのミゼットUを抜ける場所までじっと待つ。
 


 すると、ギリギリでミゼットUを追い抜けそうな場所に出た!!

 クワトロ 「貰ったぞ、カミーユ!!」

 クワトロの発する殺気を感じとったカミーユは、

 口元に笑みを浮かべた。

 カミーユ 「甘いですよ、大尉」

 カチッ、カミーユは手元のスイッチを押す。

 すると、荷台に載せていた隠し玉が作動、












画像








 ミゼットUの荷台に「白い悪魔」が姿を現す。

 クワトロ 「何だと言うのだ!?」

 クワトロは、スタート前にハマーンから受けたプレッシャーに加え、

 ガンダムのプレッシャーも受ける事となる。

 この時の精神状態は相当乱れていたはずだ。

 思わずF40のアクセルから足を離してしまった。

 その為、

 ミゼットUを追い抜けるポイントを活かす事が出来ない痛恨のミス。







 
 その後、一度もミゼットUを抜けるポイントも

 無いままゴールを迎えた。

 勝負に「もし」は無いが、

 クワトロの愛車が日本の5ナンバーサイズだったら、

 何処かでミゼットUを追い抜く事が出来たかもしれない、

 それ以上に、メンタルが強ければ

 カミーユより先にゴールする可能性も充分あっただろう。

 その辺りは、全てカミーユの計算通りだった。





 フォウ 「おめでとうカミーユ!!」






画像










 この後、カミーユ、ファ、フォウとの間に壮絶な戦いが・・・?(笑)








 そして、

 勝負に負けたクワトロは、ランチを奢る事となる。

 カミーユ 「大尉、焼き肉屋に行きましょう」

 クワトロ 「あぁ、構わんよ。流石だなカミーユ・・・」

 クワトロは、男らしく素直に負けを認めた。



 数十分後、カミーユの指定した焼き肉屋に到着。

 店内に入ると、

 見知った顔が多数あった。


 「大尉、お先に頂いています」 

 「自分たちまですいませんね」

 多くの仲間がビールを片手にシャアに礼を言ってくる。

 クワトロ  「一体何だと言うのだ?」

 カミーユ 「折角なので、皆呼んじゃいました」

 さらりと言うカミーユの瞳には、一点の曇りもない。

 クワトロ 「皆を呼んだだと? 正気か・・・だが私も男だ、奢ろう!!」

 クワトロの額から汗が噴き出す。







 数時間後、会計を済ませようとするクワトロ・・・、


 その請求書を見たとたん、クワトロの眉間にシワガ寄る。

 クワトロ 「イチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン、ジュウ・・・」

       「一体これはどうゆう事だ!?」


 店員  「はい、合計30名様でしたので・・・」

 クワトロ 「何!?30名だと・・・、

      聞いていないぞ・・・、これが若さなのか?」

 クワトロの頬に、キラリと輝く一筋が流れた・・・。


 クワトロ 「ララァ、私を導いてくれ・・・」















 クワトロ 「このままでは、私のプライドが許さん・・・」

 戦いは、まだ終わらない・・・。
 








 あとがき



 今回の内容は、あくまで自分の妄想です。(笑)

 『そんなバカな』

 『ありえねぇ』、『つまらない』

 等思われた方、気にせず流してね。(笑)

 尚、

 ファとフォウの後ろにある964ターボは、

 カミーユの愛車なんですねぇ、だから?ボディーが白い。

 今回の勝負で使用したミゼットUは、借り物・・・。

 等と言う「裏設定」も存在していたり、いなかったり。(笑)
 














 明日からは、電ホの付録

 1/200 ヘイズル(改)の製作です。(笑)






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今回のストーリー、楽しませてもらいました。カミーユ、愛車じゃなくて借り物でバトルしてたんだ・・・(笑)
大尉、通常の3倍以上のマシンで勝てなかったとは・・・ルートを2手3手先に読むことができなかったようですね・・・(笑)
モコレオ
2012/07/03 22:19
 >モコレオさん
 ようこそ。(笑)

 ありがとうございます、本当只の自己満足妄想ですが、そう言って頂けると嬉しいです。(笑)
 カミーユは借り物だったんですよ、だからか?量産型の「緑」ネモやハイザックカラーだったんですね。(笑)
 大尉が先手を読めなかったのか?
 カミーユがその上を行っていたのか?(笑)
トム3号
2012/07/04 07:36
 >元気玉をくれた方
 ありがとうございます。(笑)
トム3号
2012/07/04 07:37
おはようございます。

妄想、落ちも見事について面白かったです(笑)続編は黒いランボルギーニ・カウンタックのジェリドも絡んで三つ巴の戦いとか・・・?(失礼しましたー・・・笑)

次回のヘイズル、楽しみです。
SYON
2012/07/04 07:50
 >SYONさん
 おはようございます。(笑)

 自己満足企画にお付き合い頂きありがとうございます。(笑)
 続編は黒いカウンタックですか、作る技術が・・・。(笑)

 SYONさんのお住まい、相当雨が酷かったようですね、大丈夫でしたか?
トム3号
2012/07/04 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
もしも、シャアが・・・ (妄想版) 続・トムの箱庭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる